認可外保育園の法律厳守

認可外保育園は厚生労働省の基準 を元に都道府県行政が監督しています。南町田みつたま保育園を管轄する東京都では 厚生労働省の提示するより厳しい基準を適用しています。

東京都福祉保険局が示すように無認可保育園と認可保育園、認定保育園で根拠法令、職員設置基準など規制内容では認可保育園よりも認可外保育園の方が若干規制が緩いですが、それを理由に必ずしも認可外保育園が劣っているとはいえません。認可外保育園は 児童福祉法上、毎年必ず東京都から監査を受けています。(町田市の認可外保育園の立入調査内容はこちら。その他東京都認可外保育園はこちら。)認可外保育園では助成金を貰えない中で、東京都による立入調査を受け、法律を遵守する義務を持つ存在です。従わない場合東京都から事業停止を含む行政指導の処置を受けます。