助成金を得るということ

認可外保育園で運営し、認定の基準(設備や保育士人数)をクリアすれば助成金が出る認証保育園となります。

助成金が出る代わりに、価格は市町村の定める基準になります。2008年11月に東京都の認証保育園が倒産した事実を踏まえると、保育園を経営する十分な助成金を得ているのか疑問もあります。
一方で都道府県・市町村行政は次々と保育園の民営化を進めています。これは少なからず地方財政負担を少しでも減らそうという趣旨が働いていると考えられます。そうすると今後の助成金の額はどうなるでしょうか?現状では認可園や認可外園といった区分けが存在しますが、近い将来この区分けがなくなる事も充分考えられます。

南町田みつたま保育園はこういった事情を踏まえ、認可外保育園のまま法律を遵守し、助成金は頂かず、保護者からの保育料で独自に運営していきます。